上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

皆さん、こんばんは。

今日はこんな記事を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
政府・民主幹部が26日、菅直人首相の早期退陣で足並みをそろえた。想定する具体的な退陣のタイミングは8月のお盆前。首相交代のバトンリレーの期間をこの時期に設定した背景には、首相による「脱原発」解散を封じる狙いがある。もっとも肝心の走者は、いったいどこまで走り続けようとしているのか分からない。執行部の悩みは尽きない。(加納宏幸)

関連記事
岡田幹事長、「脱原発」解散に反対
民主執行部「菅降ろし」また失敗
記事本文の続き 「6人だけど結束してがんばろう。党を守ろう」

 26日夜、都内のすき焼き店で開かれた政府・民主党幹部の会合。安住淳国対委員長がこう音頭をとると、岡田克也幹事長や枝野幸男官房長官らも同調した。

 首相抜きで行われた会合の話題は当然、首相のバトンリレーの時期だった。 

 輿石東参院議員会長が最近、70日間の延長国会を「バトンゾーン」とたとえたことを他の5人が絶賛。ただ、出席した6人にはある共通の懸念があった。

 「民主党代表として大敗を喫したが、非常にくだらない選挙だった」

 岡田氏は26日のフジテレビ番組「新報道2001」で、平成17年8月に当時の小泉純一郎首相が仕掛けた郵政選挙を振り返った。

 そして今、「菅首相が『脱原発』を旗印にした総選挙に打って出る」との噂が、永田町で飛び交っている。「くだらない選挙」が繰り返されるかもしれない-。岡田氏は番組で「シングルイシュー(単一課題)の解散・総選挙はやるべきではない」と断言。前原誠司前外相も神戸市内での講演で「ポピュリズム(大衆迎合)政治はいけない。一時的な国民受けをあてにするのは絶対に慎むべきだ」と首相を牽(けん)制(せい)した。

 首相は24日の閣僚懇談会で、通常国会が8月31日まで70日間延長されたことを踏まえ、「東日本大震災対策が中心だが、それ以外も含めて全力で当たってほしい。自分も燃え尽きるまで全力でやりたい」と指示した。「それ以外」という言葉に、ぎりぎりまでバトンを渡さないという強い意志を込めた形だ。

 これに対し、民主党執行部は特例公債法案と23年度第2次補正予算案の成立、そして首相が最もこだわる再生エネルギー特別措置法案採決の3条件を整え、8月上旬までに首相が退陣するカレンダーを想定する。

 なぜ、「お盆前」か。

 東日本大震災の発生によって、被災地の首長選や地方議会選が9月22日まで延期されている。これに伴って、常識的には9月22日まで国政選挙を実施するのは困難だとみられている。

 ただ、憲法の規定によると衆院選は解散後40日以内に行うとされており、8月中旬以降の解散なら、大震災の影響を考慮せずに選挙を実施できる。逆に言えば、8月上旬までに首相にバトンを手放してもらわないと、「脱原発」解散の可能性が出てくる。

 解散回避のために、お盆前までに首相を辞めさせなければならない。しかし岡田氏は26日の番組出演でこう認めざるを得なかった。

 「首相が解散するといえば基本的にはできる」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな方を首相にしてしまった民主党も、今や後悔してるって感じですね。
菅さんのこの「首相」の座への執着心はどこから来ているのでしょうか。
身内からも辞めろコールでいっぱいなのに。
よほど裏金が入るのでしょうか?
スポンサーサイト
line
line

line
来訪者総数
line
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
line
プロフィール

purinぷりん01

Author:purinぷりん01

line
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 1日1回クリックの協力お願いいたします。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ

line
最新記事
line
リンク
line
最新トラックバック
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
RSSリンクの表示
line
sub_line
カテゴリ
line
スポンサー広告1
line
スポンサー広告2
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
検索フォーム
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。